• HOME >
  • こだわり

Robinのこだわり

「ペンキを塗るだけの工事だったら、どこに頼んでも一緒なんじゃないの?」そんな疑問にお答えします。施工後すぐには、我々プロでも違いは分かりません。しかし、3年もすると、明らかです。その違いとは・・・

こだわりその1、「バイオ洗浄」&「高圧洗浄」で、カビや苔を根こそぎ排除

東広島市・呉市では、Robinだけの独占技術!驚きの洗浄力「オリバークリーナー」で、バイオ洗浄と高圧洗浄のW洗浄だから、ヨゴレを徹底して落とします!

塗装工事を行う前には、水洗いして建物のゴミや汚れを洗い流します。
だいたいの汚れは水洗いで落とせるのですが、それだけでは落とせないものがあります。
お風呂のカビがなかなか落ちないのと同様、建物に生えたカビや苔も簡単には落ちません。
日陰になるところや、雨水が集まってくる箇所では湿気が溜まりやすく、カビや苔の温床になりがちです。塗装して1~2年も経つと、外壁の0.01mmにも満たないピンホール(穴)に残った微生物の汚れが浮きあがってきます。そして、その汚れの影響で下地と塗料との接着力が落ちて、塗装の剥がれの原因となります。

業者に言って、塗り直してくれたらまだ良いのですが、「ウチの責任じゃない」の一点張りでまともに取り合ってもらえないケースもあるようです。

住まいをキレイに長持ちさせるための塗装ですから、当社では洗浄にはこだわりました。
そのようなトラブルをなくすため、「オリバークリーナー」という洗浄剤をつかって、高圧噴射しながら洗浄しています。

洗浄前と洗浄後の違い「オリバークリーナー」は、バイオの力でで今まで難しかったカビや苔などの微生物の汚れを根こそぎ洗浄します!
殺菌消毒作用により、しっかり汚れを落とすことで、塗装の密着性もよくなり、塗料の性能が格段に長持ちします。

「オリバークリーナー」の洗浄力は強力ですが、人体や植物への影響にも配慮されており、臭いも抑えてあるので環境に優しく、作業員のみならず、施主様やご近所さんへの二次災害も防ぎます。

オリバークリーナーで洗浄することで、塗料の耐久性が格段に良くなります。
長年塗装に携わってきたプロとして、自信を持ってオススメしています。

こだわりその2、屋根塗装は、タスペーサー工法で縁切り!雨漏りの心配なし!

屋根を塗装したら、雨漏りしたなんて・・・施工によってはそんな可能性もあるんです。

現在、高山市、岐阜市、名古屋市名東区では、スレート(コロニアル)葺きのお宅が多く見られます。

築15年ぐらいのスレート屋根の場合、雨水が内側に浸食し、さらに防水シートの隙間からしみ込んで、野地板がボロボロになっている場合があります。
外側からパッと見ただけは分からないのですが、雨漏りの原因になったりします。

このように、屋根の内材まで腐食してしまう原因の1つとして「縁切り」不足が挙げられます。

「縁切り」とは、スレート屋根の瓦の上下の重なり部分に隙間を作り、雨水や結露による水滴の逃げ道を作る作業のことを言います。
「縁切り」がしっかり行われないと、雨水や水滴が外側に流れず行き場を失ってしまいます。

縁切りが不十分な場合縁切りがちゃんと出来ている場合

タスペーサーイメージスレート葺きの屋根を紫外線や風雨から守るために、ローラーを使って塗装するのですが、しっかり分厚く塗料を塗るとどうしても、水の逃げ道までふさいでしまうので「縁切り」が必要です。

「縁切り」をするために、塗装が終わってからスレート屋根の重なっている部分に、金属のヘラなどを突っ込んでガリガリやりながら隙間をつくる方法もあるのですが、当社では、確実に「縁切り」を行うためにタスペーサーという専門金具を使用しています。

このタスペーサーをスレート屋根の重なる部分に差し込んで、確実に隙間を作ります。
せっかく屋根を塗装したのに、それが原因で雨漏りしたなんてことは絶対に避けたいですよね。

こだわりその3、自分の家だと思って丁寧に!究極の手塗り工法

ロビンは塗り方が違う!安心で完璧なローラー工法3回塗りが標準です。

少しでも家を長持ちさせるため、ロビンでは手塗りローラー工法にこだわります。

1回目は下地強化材(シーラー)を塗ります。シーラーは「ふさぐ」という意味で、壁面との密着性向上と、塗料の吸い込み止めのため塗ります。
その後、中塗り(2回目)と、上塗り(3回目)で仕上げ、強い塗膜を仕上げて行きます。

どんなに良い塗料でも、下地処理によって長持ちするかしないかが決まります。
もちろん人間なので完璧にいつも100%の塗装を仕上げるのは厳しいのですが、それを目指すのがプロです。
そのためRobinでは、塗装の強い塗膜を形成するためにローラーでしっかりと丁寧に塗り込むことを大切にしています。

1日目下塗り:ホワイト、2日目中塗:上塗りより薄く、3日目上塗り:仕上げ色

また塗料により最適な施工方法を提案するのもプロの仕事だと考えています。
どんな塗料を使うのか、見積通りの施工が完了したのか、工事後に写真付きの報告書でご説明いたします。

外壁と屋根の写真付き報告書

こだわりその4、納得の完工前検査「足場あり」と「足場なし」のWチェック

塗装工事が終わり、お客様へお引渡しする前の最終チェックが完工前検査です。

業者さんによっては、塗り終わったらすぐに足場を外してしまい、十分な検査をしないまま引渡してしまうケースもあるそうですが、ちょっと不安に感じてしまいますよね。

Robinでは、完工前検査に徹底的にこだわります。

足場がある状態で1回検査を行い、その後、足場を外してからもう一度、検査を行います。
1回目の検査では気付かなかったことが、足場を外すことで見えてくることがあるので、当社ではお客様に安心していただくために、2回目の確認を行っています。

職人さんも細心の注意を払って仕事をしていますが、やはり人間ですので見落とす事もあります。
当社では、ダブルチェックの意味も込め、各営業担当がしっかりと検査をして、このような見落としを防ぎます。

(ご希望のお客様には、足場をばらす前に足場の上をご案内しながら仕上がりを見て頂いています)

また検査内容を御施主様にご納得頂くため、
オリジナルの「完工前検査のチェックシート」&「完了報告書」をご提出します。

ここまでしっかり検査して完工前検査は完了です。

お引渡し時チェックシート工事完了報告書
お引渡し時チェックシートサンプル工事完了報告書サンプル

ここまでしっかり検査して、当社の完工前検査は完了です。

こだわりその5、地域密着のリフォーム会社だからできる安心!長期保証システム

Robinでは、標準で2年、条件や塗料によっては最大10年の工事保証をつけております。

塗った直後には施工に不備があっても分からず、トラブルが発生するのは、だいたい1~2年後です。
「1~2年で塗装が剥がれてきた…」、「業者さんに連絡してもあれこれ理由を付けてまともに取り合ってくれなかった…」といった話も実際に耳にしますので、Robinではお客様に安心して任せていただけるように長期保証システムを採用しています。

Robinは、地域密着の総合リフォーム会社です。
外装リフォームをきっかけに、住まいについてのかかりつけとしてお付き合いさせていただければと思っています。

年に2回、メンテナンスハガキをお送りしたり、定期的に開催するイベント等のご案内をさせていただいたりするなど、お客様に気軽に相談していただける存在を目指しています。

屋根や外壁以外でも、小工事から劇的ビフォーアフターに出てくるような増改築まで対応可能ですので、住まいに関してのご希望やお悩みなどお聞かせください。

こだわりその6こんなはずじゃなかった・・を防ぐ色決めの3ステップ

塗り替えリフォームは、住まいの色がガラッと変わるのでお客様にたいへん喜ばれることも多いです。
でも、イメージと違ったものになってしまった場合、そのガッカリもとても大きいです。

一般的には、カタログやカラーサンプルをお渡しして、
「どの色にするかは、人それぞれ好みがあるので、サンプルを見てお好みの色をご指定ください。」
という業者さんも多いようですが、(イメージと違った…)という大きなリスクが伴うのに、そのような対応はちょっと無責任じゃないかと私たちは考えています。

できるだけ完成形がイメージできるように、Robinでは3ステップで色決めを行っています。

ステップ1:大まかな色の系統を決める

カラーチャート表お客様がこんな感じにしたい、という色を検討していただきます。
色の系統によって、温かみのあったり、モダンでお洒落な感じに仕上がったりします。

ステップ2:カラーシミュレーション

お客様がこんな感じにしたい、という色を検討していただきます。
色の系統によって、温かみのあったり、モダンでお洒落な感じに仕上がったりします。

カラーシミュレーションサンプル

ステップ3:見本板の作成&ご確認

印刷されたカタログでは、光が当たったときの感じや塗装の質感が分かりにくいもの。
実際に塗料を塗った見本板をご用意し、ご確認いただきます。



スーパームキコート 540,000円ガイナ 680,000円
塗り替えリフォーム価格表塗料比較
こだわりの施工技術
屋根・外壁リフォームでよくあるトラブル
外壁塗装をご検討中の方にぜひ読んでいただきたい小冊子
外壁塗装施工事例屋根塗装施工事例
シリコン塗料施工事例スーパームキコート施工事例ガイナ施工事例
まだまだあります!すべての施工事例はこちら
お問い合わせ・無料お見積り